特化ブログ実践記:240記事目、記事の執筆スピードアップ。1時間ちょっとで2000文字

投稿ペースが週1に、それでも執筆スピードが落ちない

記事の投稿ペースが、1週間に1記事程度になっています。

それでも、アクセスも報酬も下がらないのです。

特化ブログの良いところですが、だからと言って、記事を書かなくて良いわけではありません。

ちゃんと、ブログが運されていることを、閲覧者にも検索エンジン(Google)にも伝えてあげなければなりません。

記事を書くスピードが落ちない

久しぶりに記事を書きました。2000文字弱の記事を、1時間ちょっとで書きました

ちゃんと、中身のある記事です。

記事は毎日書かないと、スピードも落ち、内容も劣化してしまう」というのが定説ですが、なぜ、スピードも速く中身がある記事を書けるのでしょうか?

体験談に勝るコンテンツは無い

「1次情報」は、当事者からの情報です。体験談と言っても良いでしょう。

これは、誰にも負けないコンテンツになります。

文章から熱が伝わり、説得力も生まれます。

ブログ記事も同様です。

関連することは、こちらにも書きました。

特化ブログ実践記:今の気持ちは今しか書けない

他人から伝え聞いた「2次情報」では、文章に力もなく、説得力も生まれません。

ネタの選定が特化ブログの命

ネタの選定に時間をかけて、しっかり決める必要があります。

ネタの条件に「自分の体験が書けるネタにする」ということがあります。

伝え聞きでは、文章に熱量もこもらず、スピードもなく、文字数も書けません。

やったこと、感じたことだから、内容も細かく書ける、すなわち文字数も増える

また、スピードが上がります

1時間ちょっとで2千文字が、割と簡単に書けてしまいます。

まとめ~やはり最初が肝心

何事にも通ずることですが、最初のボタンをかけ間違うと、後で直すのが大変です。

場合によっては、修復不可能になります。

最初にきっちりと方向性を決め、その上で全力で突き進むと成果が上がります。

特化ブログでいうなら、ネタ・ジャンルの選定です。

まだまだ、240記事書いただけですが、実感できています。

特化ブログで、ネタをちゃんと決めて、そして自分で書き続ければ、内容のある記事を短時間で書けるようになる、ということです。

この記事が、誰かのお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です