特化ブログお役立ち:どんなときもwifiは有効。いつでも早いネット接続

アキ@兼業特化PROブロガーです。

これからブログを始めたいという人、またブログを続けている人に役に立つ情報をお届けします。

第1回は、外出先でのネット回線です。

どんなときもwifiとは? エリアが広く、いつでも速いらしい

テレビやLINEでも広告され、多くの人が知っているのが「どんなときもwifi」です。

「どんなときも」というネーミングで、槇原敬之氏の歌を思い出しましたが、CMソングに使わず正解でしたね。


「どんなときも。」槇原敬之

「どんなときもwifi」はエリアが広い

どんなときもwifiは「CLOUD(クラウド) SIM」という新技術で、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアから、一番高速の回線を自動的に選択して接続してくれます。

3大キャリアがカバーできるので、エリアも広いです。

「どんなときもwifi」のデメリットとメリット

デメリットもいくつかありますが、裏返せばメリットです。

5Gではない

どんなときもwifiは、4Gです。5Gではありません。

「遅れている」と思うかもしれませんが、5Gが本当に実用化されるのには1年くらいはかかると予想します。

まだ出始めなので、5G対応機器は高価で、不具合も多いと思われます

その点4Gであれば、機器も安く、技術的にも既に使われているものなので、安定して接続できるのは間違いないでしょう。

縛り期間がある

データ通信だと縛りがないSIMも多いですが、どんなときもwifiには縛りがあります。

2年以内に解約すると、違約金が発生します。

ですが、違約金もそんなに高くないです。速いwifiなので、途中で解約したいとか、思わないでしょう。

機器・プランは1種類

どんなときもwifiの機器(ルーター)は1種類のみです。

選択肢は他にありません。下は、ガラケーとの比較写真です。

プランも「使い放題」の1種類です。

ただ、選択の余地ない分、迷うことはありません。

「どんなときもwifi」の速度

「どんなときもwifi」の速度は、固定回線と比べると遅いですが、モバイルルーターとしては十分に速いです。

そして、データ使用量の上限がありません。

ここが大きいです。

月間のデータ量が上限を超えると通信速度が遅くなり、困ったことがある人は多いです。

さらに、月間のデータ量が越えなくても、1日のデータ量が多いと、翌日まで制限されることがあります。

不正利用などの特別な場合を除いて、月間でも、1日あたりでも、本当にデータ量の上限がないのです。

まとめ~wifiスポットにない安全性

とにかく、通信費を節約しようと、また速い速度を求めて、wifiスポットを探し回ることがあるかもしれません。

どんなときもwifiなら

  • wifiスポットを探す手間・時間なし
  • 自分専用だから安全
  • 十分な通信速度

これらが通信量を気にせず、一定料金で使えるのですから、快適なブログ執筆作業によいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です