特化ブログ実践記:なぜにトレンド記事?

今日は、トレンド記事に挑戦して、初めてアクセスが集まりました。

 

2019年9月から、トレンド系の記事を書こうということになり、1~2記事書いてきたのですが、反応は芳しくありませんでした。

特化ブログとトレンドブログの関係

最近では、イケハヤさんや、マナブログの坂内学さんの影響で、雑記ブログで毎日記事を書くのが流行っています。
それはそれで稼げます。
それぞれの良さや違いはありますが、詳しくは別の機会に譲ります。
最近の人は、ブログといえば「雑記」
自分の書きたいことを毎日書き続けていれば、稼げるという迷信があります。

特化ブログは、ジャンル選定に時間をかける

特化ブログは、最初のジャンル選定に時間をかけます。
1カ月くらいは普通に費やします。
これから1つのテーマに絞って書くので、慎重に選びます。
着目点は3つ。
  1. 比較的新しく生まれたテーマであること
  2. 多くの人の注目を集めること
  3. これからの定番になること

トレンドブログは、時代の流れに乗ることを優先する

一方でトレンドブログは、瞬間的なアクセスを集めることを最優先にします。
事件や事故、芸能スキャンダルやスポーツイベントなど、ジャンルは構いません。
注目が集まり、一時的でも検索されて、大衆の「知りたい」という欲求に応えます。
(ただし、アドセンスブログの時には、事件や事故やスキャンダルなど、広告主が出稿したくないだろう、と思われる記事は書きません)

本質は、アクセスを集めること

ジャンル特化ブログは、1記事あたりのアクセスは、1日10PVかもしれません。
でも210記事、それぞれ10アクセス集めたとしたら、1日で2100アクセスです。
1カ月を30日として計算すると、6万3千アクセスです。
トレンドブログは、1記事で1万アクセスを集めることもあるかもしれませんが、そんな記事は10記事書いて1記事くらいでしょう。
1日で3記事書いたとして、10記事書くには3日は必要です。
3日で1記事、1万アクセスを集める記事を書けたとしたら、1カ月30日計算で10記事書ける計算で10万アクセスです。
ジャンル特化ブログの6万3千アクセスと、トレンドブログの10万アクセス。
数だけ比較すると、トレンドブログの10万アクセスが優れているように思いますが、違います。

どちらも稼げる

稼げる額としては、どちらのブログも同じくらいです。
ジャンル特化ブログは、その分野の記事を読みたくて集まる人なので、同じような趣味嗜好があります。
ASP案件を紹介しても購入することが多くあります。
ASP案件は単価が高いです。1000円から1万円まで幅広いです。
トレンドブログはアドセンス広告に頼ることになるので、単価は低いです。
1クリック100円もあれば上出来です。

まとめ

それぞれの良さや特徴を把握して、良いところ活かして行くのが、最も新しい手法になります。
個人ゆえにフットワーク軽く動けます。
ただ、最優先は、「稼ぐ」ことではないでしょうか?
「稼ぐ」前に、「楽しむ」ことを優先すると、悲劇を招きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です