特化ブログ実践記:インターネット上の分身に稼いでもらう

これもコミュニティの先輩に教えてもらったことです。

インターネットの営業力

ブログが育ってくると、1日1000人以上の人に閲覧してもらえるようになります。

呼び込みとか、電話営業しなくても、相手の方から見に来てくれるんです。

「見たい」「知りたい」という人が来てくれます。

1000人のうちの1%でも関心を持ってくれれば、1日で10人の人がお客さん候補です。

 

ネット上のブログなら、毎日文句を言わずお客さんを集めてくれます。

1カ月30日として、300人のお客さんが見つかります。

 

訪問販売した体験

1軒1軒、訪問販売をしたことがあります。
日中は留守宅も多いし、話が出来ても10分ぐらい。
1時間で、4軒話が出来れば良い方です。
1日8時間回ったとして、32軒で話が出来るとします。
面と向かって話せるので、ネットの10倍‐10%が見込み客になるとして3人です。
実際に、1日8時間回ると相当に苦しいです。

内勤と外勤の違い

外仕事(外勤)では、オフィスでの空調が効いた部屋での仕事(内勤)と違い、エアコンもありません。
体力的にも精神的にも苦しいです。
余程タフでないと続けられません。
雨や風や雪など、悪天候の日もあり、回れない日も多いです。
1カ月の稼働が20日だとして、1カ月当たり60人が見込み客です。

インターネットの分身に働いてもらう

実際に家を回って営業して、獲得できる見込み客が、1カ月で60人
インターネット上のブログに働いてもらうと見込み客が、1カ月で300人。
5倍の差があります。
ブログなら、1日1000アクセスは少ない方なので、さらに伸びる可能性があります。
インターネットの分身に働いてもらうと、どれだけ効率が良いか、分かります。

うまい話は無い

ここまでは、おいしい話ばかりでした。
そんな分身を誰でも作れたら、誰も苦労はしません。
分身を作るのに苦労して、途中でやめてしまう人がほとんどです。
あきらめず続ける人だけが、ネット上に分身を作り、稼ぐことが出来ます。
数知れず、挫折してきたけれど、やっと毎日収益が上がる状態になりました。
とても、1人では続けられませんでした。
本当に感謝できる出会いができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です