特化ブログ実践:理論と実際と自信 ~記事書きの苦痛から抜け出す唯一の方法~

今日、こんなツイートをしました。

初期のブログ投稿は苦痛

余程センスのある人や、超ド「M」な人は別として、成果も上がらないのに2-3時間かけて、ブログ記事を投稿するのは、通常苦痛です。
本当に、毎日、ブログ投稿し、100記事目指していたとき、苦痛でしかありませんでした。
「100記事越えて来ないと、アクセスは来ないよ」
と言われても、不安になります。
特に独自ドメインのブログは、Googleさんに好かれるのに時間がかかります。

やっと小爆発

100記事越えたくらいに、小爆発があり、続けようと思いました。

でも、まぐれ当たりではないか、と思っていたら、案の定アクセスはしぼみました。

でも、このころから、10円レベルではあるけれど、毎日報酬が上がるようになりました。

「毎日報酬があるって、何気に凄いことですよ」

そう言われても、月に3000円では、やる甲斐あるのかと思いつつ、励ましの言葉を支えに記事を書きました。

それでもアクセスは増えず

書けども書けども、アクセスは増えません。

でも、毎日書くと決めたのだから、書き続けました。

この間も、1人でやっていたら、続けられなかったでしょう。

なぜ続けられたのか

色々と副収入を得るのにトライしました。

そのどれも、1時的に単発の収入があっても、続きません。

投資でも利益が出たと思ったら、カンタンに負けて結局マイナスになったり。

ところが今回だけは、毎日報酬が出る体験ができたのです。

「大丈夫です。必ず努力は報われます」

経験者が自信をもって語ってくれるので、何とか続けられたと思います。

今度こそ・・・

単発の爆発で終わっていましたが、180記事を越えたくらいの時に、何気なく書いた記事が、アクセスを集め始めました。

薦められて見ていた、別ジャンルの教材が大きなヒントになり、複合キーワードをタイトルに記事投稿を続けたところ、検索上位に次々食い込むようになりました。

日々の報酬も、桁が増えるようになりました。

何気なく書いたひと記事がきっかけですが、ここに至るために180記事があったのだと思います。

経験者が体験に基づき教えて頂いたことが、自分の体験になったとき、はじめて自信となりました。

 

記事書きの苦痛から抜け出す

記事書きの苦痛から逃れるには、記事書きを続けるしかありません。

記事書きの苦痛から逃れようと、記事書きを止めたら、記事を書き続けなかった後悔になるでしょう。

ブログは、正しい手法で継続すれば、必ず芽は出ます。

今後は自信を持って「ブログ書け」ということができます。

だから「ブログ書け」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です