特化ブログ実践記:209記事投稿。忘れたことを思い出させてもらいました

本日も、何とか1記事を投稿しました。 209記事目です。

208記事も書いてきたのに、忘れていたことを思い出させてもらいました。

仲間の方のこの記事を読んだからです。(限定記事なので、読めませんね・・・)

焦るほど、記事がかけない

貴重な休みで時間を作れて

沢山記事を書かなきゃ

と焦るほどに、進まず。

どんなテーマが良いのか、世間の人が何を求めているのか、何を書けば沢山の人が読みたいと思うのか・・・

アクセスを追うことの害

アクセスが集まると、アクセスが減るのが恐怖になります。

アドセンスで収益を得ている場合は特に、アクセスの減少は、即収益の減少です。

アクセスを追うと

「多くの人に読まれる記事を書こう」

となります。

「多くの人」が対象にしてしまうことが、アクセスを追うことの害です。

1人の悩みに答える

誰かの悩みが、検索キーワードとして現れてきます。

それに答えてあげた記事が、検索される記事となります。

沢山の人を相手でなく、1人を相手に記事を書く。

そのキーワードで検索する人は、どんな人なのか、想像してみると書きやすくなります。

ペルソナっていうのかな?

「ペルソナ」はもっと詳しく想定するのかもしれません。
ざっくりと、性別・年齢・職業、結婚はしているか子供はいるか、仕事はパートなのか正社員なのか、その他もろもろ。

 

想像してみると、

「こんなことに悩んで、検索するのでないかな~」

と分かります。

結局は書かないと始まらない

実際は、全然的外れかもしれません。

その検索キーワードで検索する人は、全然別の気持ちかもしれません。

でも、沢山記事を書き重ねて行けば、ヒットする記事も出てくるはずです。

迷ったり悩んだりして、記事が書けないより、想像してイメージを膨らませて記事を書いてしまった方が良いです。

まとめ

記事を書くときの基本的なことですが、忘れていたことを思い出させてもらいました。

行き詰まったとき、ちょっと先を行く先輩の記事を読ませてもらい、進むことが出来ました。

人によるとは思いますが、「誰かの役に立ちたい」というのば、モチベーションになります。

私の場合。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です