特化ブログ実践記:224記事目、ネタは新鮮なほど、良い。女房は?

どうも、こんばんは。

結構くたびれている、アキ@兼業特化プロブロガー(荒波船長)です。

今日は、まったり、のんびりノウハウをお届けします。

お題は「ネタは新鮮なほど、良い。」です。

昔から

畳と女房は、新しい方が良いと言われます。
ただ、「女房」については、やたら若いと体力もあるし、夜のお勤めが大変です。
遺産を狙って、近づいて来るかもしれません。
私は、女房は今ので十分です。新しいのは要りません。

特化ブログの記事ネタは

今は、特化ブログの記事ネタです。
特化ブログというと、特定ジャンルに絞って書きます。
求める情報が検索されるから、新しいネタにこだわらなくても、良いのでは?
と思うかもしれません。

新しいネタを扱う意味

新しいネタ・話題について書く意味は、大いにあります。
「新しい」ということは、それまでなかった、ということです。
新しければ、新しいほど、書いている人が少ない、ということです。
ライバルが少ない。
検索上位に来やすいですね。
すなわち、アクセスを集めやすい、ということです。

テレビ・Yahooニュース・週刊誌

新しいネタ・話題、という点でネタ元は、テレビ・Yahooニュース・週刊誌などです。
割と昔からある、オーソドックスなものですね。

人が求める情報を掲載します。

  1. テレビ・・・視聴率が欲しい
  2. Yahooニュース・・・PVを集めたい
  3. 週刊誌・・・発行部数・売り上げを伸ばしたい
このような目的があるからです。

記事では、さらに深堀する

ネタ元の中から、さらに選定します。
その情報で足りない部分があるとか、もっと知りたいことがあるようなものを選びます。
それについて、自分で調査したり、体験したりして、オリジナルな記事を書きます。
個人の感想や失敗談などあると、魅力的な記事になります。
問題がテーマなら解決策があると一番良いですが、問題提起だけでも良い場合が多いです。

まとめ

ことブログを書く記事のネタは、新鮮なものが良いです。
本文に書いた通りです。
ただ、新鮮なだけではだめで、うちの古女房のように、味がないといけません。
それについては別の記事に譲ります。
自分の女房に向かって「古女房」なんて言ってはダメですよ。
家内には内緒で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です